仕事や私生活で、PCを長時間同じ姿勢で使用している人も少なくないと思います。
PCを操作しているときに気になるのが前のめりになってしまう姿勢です。
前のめりの姿勢で長時間そのままでいると、猫背の原因になってしまうでしょう。
猫背になると身体の各部位に大きな負担をかけてしまい、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こします。
また疲労物質が溜まりやすくなるため、通常よりも疲れやすくなってしまいます。
そして猫背はそのような身体の不調だけでなく、見た目にも影響してしまいます。
猫背になることで背中が丸まって見えるため、姿勢が悪く老けて見えてしまう可能性があるのです。
さらに、猫背によって首が前に出ることで二重あごになってしまうことも考えられます。


二重あごを改善するためには、姿勢に気を付けるのはもちろんのこと、舌の筋肉を鍛えることも大切です。
舌を前方や左右に突き出すエクササイズを続けることで、顔をほっそりさせることができ、さらに二重あごの改善にも高い効果を発揮します。
そして肩甲骨を動かすエクササイズもおこなえば、猫背の改善にも繋がるでしょう。
PCを使ったデスクワークをおこなっている人は、このようなエクササイズを意識的に実践することで、猫背や二重あごの予防をすることができます。