お肌とたるみ

| 未分類 |

年齢を重ねると、目尻のシワやフェイスラインのたるみが、気になるという方が増えてきます。
このような年齢肌が起こる原因は、コラーゲンなど肌にハリや弾力を作り出す、働きが落ちるのに加え紫外線のダメージが、大きく関わっていると言われています。

肌が日焼けをすると、肌細胞を守る為に活性酸素という酸素が作り出されます。
この酸素は、細菌やウイルスを除去する働きがある為、健康維持には欠かせないものです。


しかし、大量に作られてしまうと、様々な悪影響を与えてしまうのです。
その中の1つに、タンパク質の破壊が挙げられます。

肌の奥深くには真皮層という場所があり、そこにはコラーゲンやエラスチンといった、弾性繊維が網目状に張り巡らされています。
このコラーゲンなどが肌内部で、しっかりと皮膚を支えている事でハリを保てるのです。

しかし、日光を浴びた事で活性酸素が作られ過ぎてしまうと、タンパク質で作られているコラーゲンやエラスチンは、壊されてしまいます。
ダメージを負い皮膚を支えきれなくなってしまう為、皮膚表面にシワやたるみが出来てしまうのです。

年齢肌が起こる原因は、紫外線も大きく関わっている為、できるだけ浴びない、そして活性酸素を除去する効果のあるビタミンCやビタミンEなどの、栄養素を摂る事が大切です。